長谷川 喜美

空間デザイナー

桑沢デザイン研究所卒業。2004年ベルベッタ・デザイン設立。
【空気をデザインする】をテーマに、空間に関わる
様々なクリエイションを手掛ける。

近年の代表作として表参道イルミネーション、
銀座イルミネーション『希望の翼』等の、
大型商業施設のクリスマスデザインの演出。
スプツニ子! 『Tranceflora – エイミの光るシルク』展、
日本橋桜フェスティバル『日本桜風街道』等の、
エキシビション・イベントにおける空間演出。
日産デザインセンター等の企業コミュニケーションスペース、
商業店舗の内装からCIデザイン、プロダクトデザイン、
グラフィックデザイン等。その活躍の場は多岐に渡る。

2013年の東京デザイナーズウィークでは28年の歴史で、
初の女性クリエイターとして会場デザインを手掛け、
以来、ミラノ会場においても会場デザインに携わる。

フランス国民美術協会(S.N.B.A.)主催サロン展2014年金賞/審査員賞金賞
DSA優秀賞ほか多数受賞
DESIGN ASSOCIATION NPO 理事

KIMI HASEGAWA

Designer

Graduated Kuwasawa Design School.
Established “VELVETA DESIGN” in 2004.
Works in various fields designing the main concept
“kuuki=air” which is her main theme.

One of her latest works is
“Omotesando Illumination” /
“Ginza Christmas (KIBOU-NO-TUBASA)”/
“Sputniko!『 Tranceflora – Amy’s Glowing Silk 』”/
“Nihonbashi Cherry Blossom Festival”/
“NISSAN Design Center Board Room”/
“Tokyo Design Week – TOKYO & MILANO”/ and more…

Her activity is across a wide variety of fields.
In 2013, she designed the venue of
Tokyo Designer’s Week as the first woman creator.

She has received Display Design Awards and many others.

PDF

facebook